2010.06.30

日本、PKに散る

■8強ならず
 日本VSパラグアイ戦は前後半および延長戦を戦いともに0点となり、勝負の行方は今大会初のPKにもつれこみました。
 先行はパラグアイ。両者調子よく1投目2投目と決めましたが、日本3投目の駒野のシュートがゴール上のポストに当たって失敗。その後4投目を両者入れたのち5投目のパラグアイのシュートが決まった瞬間、パラグアイの勝利が確定しました。
 
 結局、PK戦は3-5で敗れ日本の負けとなりました。
 
 残念ながら日本は初の準々決勝に進むことはできませんでしたが、格上のパラグアイ相手にとてもよく戦いました。点を取れそうで取れず、取られそうで取られず。個々の技術を見ると、やはりパラグアイの方が一歩出ている感はぬぐえませんが、0-0でPKまでもっていったことは日本がいかに粘り強く戦い抜いたかを証明するものだと思います。
 PKはそれまでのプレーと違って技術うんぬんより運の要素が大きいものであることは言うまでもありません。PKに敗れたことよりPKまで0点で抑えたことを素直に喜びたいです。日本のサッカーがここまで進んだということを。
 
 結果は目標の4強を叶えることはできませんでしたが、選手達が凱旋帰国した際は悲しみではなく喜びで迎えたいものです。

2010.06.29

オランダ勝利

■オランダVSスロバキア戦
 日本が1-0で敗れた相手、オランダが2-1でスロバキアを倒して8強進出です。両者いい勝負をしましたが、ゴール前の動きやパス回しでオランダに分があったように思いました。
 
 オランダが前半・後半に1点ずつ得点し、このまま2-0で終わるかと思われた後半ロスタイムの終了ギリギリでスロバキアがオランダゴール前で倒れてPKをゲット。見事決めて1点を奪取。PKが決まったと同時に終了のホイッスルが鳴りました。
 無得点で終わるかと思った試合で、スロバキアが執念のPK。敗れたとはいえ、一矢報いた形となりました。
 
■アルゼンチンVSメキシコ戦
 月曜日の午前3時半からあったこの試合。屈指の好カードですが、この試合は寝ていたので観戦せず。なので結果だけ。
 アルゼンチンが3-1でメキシコを破りました。結果、準々決勝ではアルゼンチンVSドイツが対戦します。FIFA世界ランキング7位と6位の争い。いい勝負が期待できそうです。
 
■いよいよ
 火曜日23時からは日本VSパラグアイ戦です。TVに釘付けとなって観戦します。

2010.06.28

イングランド敗れる

■4-1
 ヨーロッパでは伝統の一戦、因縁の一戦と言われているドイツVSイングランド戦は4-1でドイツの圧勝で終わりました。
 過去W杯で両者は4度対戦しており、どの試合も90分では決着が着かなかったそうです。それが今回は大きな得点差でドイツに軍配が上がりました。
 これによりドイツは15大会連続で8強進出ということになります。
 
 前半ドイツが2点を先制したあと、イングランドも反撃して1点を返します。そしてさらに同点弾を入った・・・、と思いきや判定はノーゴール。モニターでみるとボールはゴール内で完全にラインを割っていました。でも副審がゴールと判定しなかったようです。
 前半は2-1で折り返します。
 
 後半のドイツの2点はどちらもイングランドのフリーキック・シュートしてバーに弾かれたボールからのカウンターによる得点です。後半の2点はまさにドイツの疾風のごとく攻め上がりによる素晴らしいゴールでした。
 
■疑惑のゴール
 イングランドが同点にしたと思った、前半にあった「疑惑のゴール」。実は44年前(1966年)にも同じカードで同じ「疑惑のゴール」があったそうです。そのときは2-2の同点でイングランドが放ったシュートが決勝点となったものですが、これが本当にラインを割ったかどうかあやしいそうです。
 
 タラレバは勝負では不毛ですが、もし同点弾が決まっていれば(いや、決まってはいたんですが)後半の勝負運びはどうなっていたのか。イングランドの攻勢が増していたのか?ドイツの速攻によりやはり勝負の行方は変わらなかったのか?
 
 疑惑のゴールの録画は試合中、サポーターは見ていなかったそうです。このあと、あのビデオを見てどう反応するか。想像に難くありません。
 ・・・だって完全に入っていたんだし。
 
■土曜日の結果
 まずはウルグアイVS韓国。ウルグアイ先制も韓国が後半に同点に追いつく。が、ウルグアイがその後決勝点となる2点目を入れて、2-1でウルグアイが勝利。ウルグアイは40年ぶりの8強入りです。
 
 次はアメリカVSガーナ。1-1で90分が終了して、今回のW杯で初めての延長戦に突入。その延長戦の開始3分でガーナが決勝点。結局1-2でガーナの勝利。アメリカは予選リーグではロスタイムで決勝点を入れて決勝トーナメント入りを決めるなど土壇場に強いチームでしたが、今回はガーナが土壇場で勝利をもぎ取りました。アフリカ勢で唯一の決勝トーナメントに進出したガーナが頑張っています!
 
 土曜日は麻雀大会だったのでテレビは流しで観ていただけでした。ちなみに麻雀は4半荘して、4位、4位、1位、4位でした。うち3回は箱かぶりましたorz
要するに全部箱かぶってドベということでした(涙

2010.06.26

一次リーグ突破しましたよ!

上白沢慧音

上白沢慧音


■服がね
 立ち絵見ながら描いてたんですが、スカートの部分がさっぱり分からないw
 
■日本やりました
 日本、3-1でデンマークを撃破!見事決勝トーナメントに進出しました!
金曜は午前3時半と夜中の試合だったのに、テレビの平均視聴率は30.5%だったとか。私も類に漏れずしっかり観てました。ただ、うとうとしてて最初の本田のゴールは見逃しましたが(汗
 
 しかし本田選手と遠藤選手のFKは最高でした。相手選手の壁を越え、ゴールポストギリギリのところに見事にシュート!日本の選手があんな華麗なシュートができるなんて感動しました。
 不運なPKで1点取られましたが、すぐに相手ゴール前で本田の絶妙なパスから岡崎のちょこっとシュート!見事なアシストをした本田選手やゴール前にポジショニングしてしっかりボールをたたき入れた岡崎選手をすごいと思いました。
 
 結局グループEは1位オランダ、2位日本が決勝トーナメントに駒を進め、日本は来週の火曜日にグループF1位のパラグアイを対戦です。個人的には決勝トーナメントに進んだだけで十分大金星なんですが、岡田監督の目標は「ベスト4」。
 チームの勢いそのままに、目標を見事達成してくれることを願わずにいられません!

2010.06.25

日本1次リーグ突破!!!

■勝ったーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 日本、デンマークを3-1で破って決勝トーナメント進出しましたーー!!

イタリア敗退

■グループF決定!
 スロバキアVSイタリアは3-2でスロバキアが勝利し、イタリアが予選敗退となりました。この試合は観戦せずテキスト速報だけ見てました。イエローカードが合計8枚も出る大混戦だったようです。
 
 フランスに続きイタリアも敗退となり、前回の準優勝と優勝チームがともに姿を消すことになりました。これって、W杯史上初の出来事だそうです。
 
 パラグアイVSニュージーランドは0-0で引き分けたため結局グループFは、1位パラグアイ2位スロバキアが予選突破となりました。イタリアは勝ち点2で最下位の4位でした。
 
■さて
 あと1時間半ほどで日本VSデンマーク戦です。起きているつもりですが、正直眠いです…。

2010.06.24

スロベニアVSイングランド

■グループCが決定
 イングランドが1-0でスロベニアに勝利。前2試合とも引き分けで1次リーグ敗退の危機になったイングランドですが、前半に入れた1点を守って1次リーグを突破しました。
 
 前2試合の時点で暫定1位だったスロベニアですが、イングランドに破れさらにもうひとつの試合、アメリカVSアルジェリア戦でアメリカが1-0で勝利したため、3位となってしまい1次リーグ敗退となってしまいました。
 スロベニアからすると、勝つか引き分ければ文句なし突破、負けてもアメリカVSアルジェリア戦で引き分けかアルジェリアが勝つと突破できたハズでした。実際、アメリカVSアルジェリア戦は0-0で推移しててこのまま終わると思ってました。ところが、ロスタイムに入った後半46分にアメリカが得点してアメリカが勝ったために3位となってしまったワケです。
 
 勝負事は最後まで分からないものです。
明日(金曜日の午前3時)の日本の試合も似たようなものです。日本は対デンマーク戦において、勝つか引き分けで1次リーグを突破できます。勝つしかない場合より精神面でリラックスできますが、同時に慢心を生む可能性もあります。勝つつもりで試合に臨んでほしいです。
 
 グループCは、1位アメリカ、2位イングランドが決勝トーナメントに進出です。
 
■オマケ
インターネットが普及する以前に、イタリアの哲学者がアップルとマイクロソフトの違いをカトリックとプロテスタントの違いに例えた、という記事をヤフーで見つけて個人的に面白かったので載せておきます。まあ、アンチアップルな記事ですが。
【ニューズウィーク日本語版】iPadは新聞も雑誌も救わない

2010.06.23

相変わらずW杯

犬走椛

犬走椛


■もみじ
 せりふ考えるのに苦労したw
 
■南アフリカVSフランス
 2-1で南アフリカの勝利。が、得失点差で南アフリカはメキシコに及ばず3位。開催国として予選リーグ突破できなかった初の例となってしまいました。
 
 開催国が勝ち残ってこそこういうイベントは盛り上がると思うので、残念です。これでグループAの全試合が終了。グループAは1位ウルグアイと2位メキシコが予選突破となりました。

2010.06.21

イタリアVSニュージーランド

■1-1
 風呂上りにテレビでしていたのでついつい見てました。前回W杯の優勝国イタリアが2戦続けて引き分け。ニュージーランドに対してコーナーキックやゴール前でのセットプレーなど圧倒的なシュート数、ボールのキープ率を誇っていましたが、最後まで追加点をとることはできませんでしたねー。なんだかんだでイタリアの1点はPKだし。

2010.06.19

日本敗れる

■VSオランダ戦
 0-1で敗れました。残念。90分観てましたが45位の日本、片や4位のオランダ。やはり実力の違いがあることは否めませんでした。オランダの速くて正確なパス回しはさすがです。
 
 これで1点しか取られなかったのは日本が善戦したと言うべきでしょう!
実際、あと1,2点取られてもおかしくない状況でしたし(汗
 
 ともあれ、来週の木曜日は対デンマーク戦。頑張ってほしいものです。
 
 ガンバレ!ニッポン!!
 
 (さて問題はデンマーク戦が日本時間だと金曜の午前3時ということ。起きてられないだろうなぁ・・)

Next »